『宅配クリーニング』の口コミおすすめ!比較してランキング

クリーニングを宅配で済ませる家庭が、ここ数年増えてきています。
ライフスタイルの変化や、衣類によっては安く済ませるようになっていることが人気の理由です。
子育て中のママや、仕事で忙しいご家庭などにぜひ利用していただきたい宅配クリーニングについてご紹介します。

宅配クリーニングの比較のポイント

宅配クリーニングを選ぶ際には、これからご紹介する7つのポイントをチェックしてください。
「料金」「送料」などに加えて、「保管サービスの有無」などをチェックすれば、あなたにピッタリの宅配クリーニングが見つかるはずです。

宅配クリーニングの比較:料金体系

料金体系をチェック
宅配クリーニング業者ごとに料金体系は異なります。
1点ずつ出せるか、複数点数のパックか。
どのぐらいの量を出すかによって、選びましょう。
2〜3点だけなのか、家族分の衣替えで大量に出す場合はパック料金が安くなることも多いです。

宅配クリーニングの比較:送料

送料をチェック
宅配クリーニングには往復の送料がかかります。
多くはある一定額以上の利用で送料無料になることが多いです。
また複数枚パック料金が設定されている場合は送料が含まれていることが多いです。
さらに会員登録で、送料無料もしくは減額をするところもあります。
なお「往復送料無料」としていても、北海道沖縄、離島は別料金になることが多いです。

宅配クリーニングの比較:集荷や受取

集荷と受取のチェック
宅配クリーニングの便利なところは、衣類を店に持っていく必要も無く、できた衣類を引き取りに行く必要がないことです。
そこでチェックしたい点は、集荷用の集荷キットの有無です。
専用の集荷キットの利用が決められている宅配クリーニング業者や、送り主が用意した段ボールで受け取ってくれるのか。宅配クリーニング業者によって異なります。

宅配クリーニングの比較:仕上がりの品質

クリーニング後の質もチェックポイントになります。
大切な洋服をクリーニングに出すわけですから、クォリティのチェックは大切です。
多くのクリーニング店は古くから営業をしており、技術もあり信頼も厚く任せてクリーニングのクォリティは間違いありません。
ポイントはクリーニング終了後の保管や配送の梱包です。
梱包次第で、シワがずいぶん違います。
ニット類をハンガーにつるして保管しているところや、コートも薄いプラスティックハンガーにかけているところもあります。
料金ばかりをチェックせず、こういうところも見逃さず比較するといいです。

宅配クリーニングの比較:無料サービス

無料サービスの有無。
シミ抜きはたいていのところが無料なので依頼カードに記載するとよいです。
宅配クリーニング業者によっては、ボタンや少々のホツレを直ししてくれたり、毛玉取りをやってくれたりするところもあります。
ちょっとしたお直し希望の洋服があれば、こういうサービスの有無はチェックするといいでしょう。
業者によっては無料/有料のサービスが混在しているので注意してみておく必要があります。

宅配クリーニングの比較:オプションサービス

オプションサービスも確認しておきましょう。
冬物のコート類に撥水加工は欠かせません。また防カビ、汗抜きサービスなどがあるかどうかです。
もちろんオプションサービスなので料金が追加されます。衣類の質を保ちたい方にはいろいろなオプションがあると便利です。

宅配クリーニングの比較:保管サービス

保管サービスの状況
かさばる冬物のコートやダウンジャケットをクリーニングした後で預かってくれるととても助かります。
自宅のクローゼットに返ってきたクリーニング済みのコートを押しこんで、次のシーズンに着るときにはシワだらけということにもなりかねません。保管サービスは衣類専門の倉庫で湿度温度を管理して預かってくれます。
保管サービスを利用する場合は、以下のポイントをチェックしてみてくださいね。
保管サービスのチェックポイント

  • 料金
  • 洋服の保管環境
  • 保管期間
  • 返却時期の変更
  • 保管衣類の種類

もちろん保管サービスは、あくまで宅配クリーニングを依頼した洋服に限られます。
宅配クリーニング取り扱い外のものの保管は不可です。
保管サービスのついている宅配クリーニングでは、下着や水着、皮革製品は扱っていません。
このような衣類を送っても、返却されえしまうので注意してください。

宅配クリーニングのおすすめランキング

宅配クリーニングのおすすめをランキング形式で紹介します

宅配クリーニングのおすすめ、リナビス

一万名様限定制度で品質に特化したサービスです。
創業60年の老舗クリーニング会社が運営しているので安心。
しみ抜き・衣類の修繕・12か月間の保管が無料、丁寧なクリーニング店にお願いしたい方にお勧めです。
リナビスの口コミを詳しく紹介

宅配クリーニングの選び方

ここ数年で宅配クリーニング業者をたくさん見かけるようになりました。
数ある宅配クリーニング業者から、どこを選べばいいのでしょうか?
選び方のポイントをご説明します。
「仕上がりの良さ、丁寧さ」「低価格」など宅配クリーニングに求めるものは人によって異なります。それぞれです。あなたが宅配クリーニングに求めるものをはっきりさせて、自分が求める条件にあった宅配クリーニングを決めるのが一番です。
最初に宅配クリーニングをするにあたって、メリット・デメリットを紹介します。

宅配クリーニングのメリット

重くて、かさばる洋服を持っていったり、引き取ったりする必要がない
服を持って移動することはすごく大変ですよね。とくに冬が終わった後に持ち運ぶコート類は重いうえにかさばります。せっかくきれいにクリーニングに出したのに、引き取りに行く日が雨で、湿気を含んでしまっては意味がありません。
宅配クリーニングの場合は専用のバッグや段ボールに詰めて送るだけですみます。
注文から荷造り、受取りまでがすべて自宅ですみます。
このような便利な流れは宅配クリーニングの特徴です。
24時間いつでも依頼ができるので営業時間を気にしなくてよい
「仕事が忙しくて出せない」とか、「引き取りに行く日を先延ばしにしてしまい忘れてしまった」という声もよく聞きます。引取りに来ないお客様は街のクリーニング店にとっても迷惑なことになっているようです。
宅配クリーニングだと、出すタイミングも受け取りのタイミングも自分の都合に合わせられます。
さらに保管サービスを行っている宅配クリーニングサービスもあり、冬物をそのまま倉庫で保管してくれます。

宅配クリーニングのデメリット

宅配クリーニングにはデメリットもあります。
送料を負担する
配送には送料がかかります。どのサービスも送料が無料になる条件が設定されているので、お得に利用することもできます。
価格設定は点数固定のパック料金や、衣類1点ずつに金額が決まっている場合など、条件を事前にしっかりチェックしましょう。
実際に対面できない
街のクリーニング店では受付のスタッフと対面することで、その衣類の状況に合わせたアドバイスや「シミ」の位置などを伝えられます。
宅配クリーニングでは対面できないことを解消のため、1着1着の状態をクリーニング担当者へ伝えるカードをつけるなどの工夫がされています。
配送中のシワ
段ボールやバッグに入れられて配送されるので、たたみジワができることもあります。
たいていの場合、段ボールやバッグから出して、吊るしておくと、たたみジワはのびて気にならなくなります。

宅配クリーニングが取り扱っていない衣類

たいていの宅配クリーニング業者が扱っていないものは、水着、下着、毛皮、皮革製品、着物です。
そのほかに汚れのひどいもの、破れたり穴が開いているものも取り扱いできないです。
洗濯表示がすべて不可(×)になっているものや、洗濯表示が付いていないものも受付てもらえません。
送り返されたら、送料もかかりますから、事前に取り扱っているかどうかを問い合わせるといいでしょう。

宅配クリーニングのまとめ

宅配クリーニングは便利ですし衣類によっては価格が安くなることから利用を検討する価値はあります。
ライフスタイルや衣類にあった宅配クリーニング業者を選ばないと、高くついたり、思わぬトラブルになったりします。
ここでご紹介の選び方を参考にしていただき、あなたにピッタリの宅配クリーニングを見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました